引越しにおいて、最も面倒に感じる一つにインターネット関係の手続きがあります。プロバイダやインターネット回線など、「聞いただけでも面倒」だと思う人も多いと思います。

しかし、インターネット関係の手続き作業を怠ってしまうと、引越し先でインターネットを使うことができません。そのため、インターネットの手続きは必須といえます。

ただどのようにすればいいのか手順や方法が分からない人は多いです。

そこでここでは、インターネット関係の引越しをどうすればスムーズにできるのかを分かりやすく説明します。

プロバイダや回線業者とは

インターネットを使用するために必ず必要なのがプロバイダと回線業者です。

ここで、「プロバイダや回線業者」とは何か分からない人もいると思うので簡単に説明します。

・プロバイダ

プロバイダとはインターネットに接続するサービスを提供する接続事業者です。

・回線業者

回線にはさまざまなものがありますが、具体的には以下の3種類が主流です。

  • 光回線
  • ADSL回線(電話回線)
  • ケーブルテレビ回線

以下の写真は電線から回線を引いた形跡です。どの回線であっても以下のような跡があります。

インターネット回線にはレンタル品が存在する

ここまで、プロバイダや回線業者について説明しました。ここで問題になってくるのが、契約しているプロバイダや回線業者はモデムやルーター(無線lan)を貸し出している場合があるということです。

モデムとは光回線やADSL回線(電話回線)、ケーブルテレビ回線などのアナログ信号をデジタル信号に変換する装置です。最も使用されているものに、光回線をデジタル信号に変換する「光回線の終端装置(ONU)」があります。以下が光回線の終端装置(ONU)です。

ルーター(無線lan)とは複数のインターネットを使用したいときに使います。以下のようなものがルーター(無線lan)です。

仮に、上のようなインターネット機器をレンタルしている場合は返却しなければいけません。

引越しではレンタル品は返却するのが基本

近場の引越しでも県外への引越しでも、モデムや光回線終端装置(ONU)、ルーター(無線lan)は返却しなければいけません。

また、この際に「移転手続き」と「移転工事」が必要になります。以下はフレッツ光の場合ですが他社でも2~3週間は工事がかかると考えたほうがいいです。

現在、引越し先にインターネット回線が引いてある場合がほとんどですが、それでも移転工事が必要です。

理由は、光回線といっても配線方式が複数あり、全く同じ配線でないと引き継げないからです。

そのため、同じプロバイダや回線業者を引き継ぐにしても、レンタル品は一度返却して移転費用を払って工事をしてもらうのが一般的です。

しかし、場合によっては以下のように、同一の機器を継続で利用できる場合もあるケースもあります。このケースというのが先ほど述べたように「光回線が全く同じ配線がである」場合です。

まれにですが、引越し先の光回線の配線が同一である場合もあるのです。そのため、レンタル品の返却は引越し先ですることをおすすめします。

引越し先の回線状況を回線業者に見てもらってから、レンタル品は返却するようにしましょう。万が一、継続して使用できれば、手続きは不要なのでこの方法が一番楽です。

引越し先が使っているプロバイダや回線業者に対応していない場合は解約

例えば、回線業者がADSL回線(電話回線)を使用していた場合、新規の受付を終了しております。そのため、引越し先で現在のモデムや回線業者が使用できません。

レンタル品がある場合は返却し、解約することになります。

プロバイダや回線業者の契約内容の確認をしなければ、必要な手続きも全く変わってきます。必ず、引越し前はプロバイダや回線業者に契約状況を確認するようにしましょう。

プロバイダや回線業者の調べ方

ここまで、プロバイダや回線業者とはどんなものか説明をしました。しかし、現在どこのプロバイダや回線業者を使用しているのか分からないと先に進めません。

現在どこのプロバイダを使用していて、どこの回線業者を使用しているか調べ方が分からない人もいると思います。

ここでは、現在使用しているプロバイダや回線業者の簡単な調べ方を説明します。

・スマートフォンやパソコンからIPアドレスを見て確認する

最も、手軽に確認できるプロバイダの確認方法はスマートフォンやパソコンからIPアドレスを確認する方法です。やり方は簡単であなたのスマートフォンやパソコンからhttp://www.ugtop.com/spill.shtmlにアクセスするだけです。

ここで調べたIPアドレスを以下のサイトで確認すればプロバイダが分かります。

http://www.ipsearch.jp/ip/25.html#.VPa_FPmsU-I

http://whois.ansi.co.jp/

どちらも、IPアドレスを入力すればプロバイダを調べることができます。しかし、上記のような確認方法はインターネットが利用できる状況でないと確認できません。

・通帳やクレジットカードの利用明細から調べる

プロバイダや回線会社を確認する方法として、通帳やクレジットカードの引き落とし項目から探してみるのもいいでしょう。例えば、NTTぷららの場合「ぷらら利用料」で引き落とされているはずです。

プロバイダの名前だとはっきり分からない場合は「不明な引き落とし項目」で調べてみましょう。例えば「ぷらら」がプロバイダ名だと分からない場合は「プロバイダ ぷらら」で検索しましょう。

また、回線業者で「エヌティティヒガシニホン」などと記載されています。しかし、実際は「ソフトバンク光の「光コラボ」という商品の場合、NTTが代理で請求しているだけで回線業者は「ソフトバンク」になります。

このように他の業者に代理で支払って貰っている場合もあるので直接、窓口に電話して回線業者やプロバイダを確認するようにしましょう。

なお、インターネットの利用が不可能な場合は、事業者に直接電話して確認しましょう。

・契約書類から調べる

プロバイダや回線業者に契約すると「契約書類」が必ず送られてきます。ただし、こちらは契約書類を紛失した場合は確認が不可能になります。

しかし、もしインターネットが使用できない状態で「契約書類」の場所が分かるならば契約書類から確認する方法がいいでしょう。

引越し先でも同じプロバイダ・インターネット回線を使用する場合

引越し先も、同じプロバイダやインターネット回線を使用できるかどうかは業者に確認する必要があります。

例えば、フレッツ光を使用している場合は西日本から東日本エリアにに行くときは契約の引継ぎは不可能です。一回解約する必要があります。

このように、引越し先でも同じプロバイダやインターネット回線を使用したいと考えている場合は「引越し先で利用できるか」直接、業者に連絡しないと分かりません。

引越ししてすぐにインターネットを使用したい場合

引越しにおいて、インターネットを使用できない期間ができてしまうことはかなりのストレスです。しかし、インターネット回線業者やプロバイダに契約していると「すぐにインターネットを使用する」のは不可能です。

もし引越し先にインターネット回線が引かれていなくて工事が必要な場合は1ヵ月以上、インターネットを利用できないことになります。

また、現在のプロバイダや回線業者を引き継いで引越し先に回線が引かれていたとしても、移転工事に2~3週間かかってしまいます。

そのため、引越し先のインターネット環境に関わらず、1ヵ月はインターネットが使用できない期間が続くと考えたほうがいいでしょう。

そのようなときは、モバイルWi-Fiを利用したり、携帯のテザリング機能でその場を凌いだりすることによって乗り越えられます。

以下の記事では、モバイルWi-Fiや携帯のテザリング機能の使い方を具体的に解説しています。

引越しで効果的なモバイルWi-Fiやレンタルでのネット回線サービス

引越しはインターネット回線・プロバイダを見直すチャンス

引越しをきっかけにして、インターネット回線・プロバイダを見直すと大きな節約につながることもあります。

インターネット回線・プロバイダの引継ぎと新規契約では手間はそれほど変わりません。なぜなら、例え前述で述べた通り、同じプロバイダや回線業者を使用するにしても移転工事が必要だからです。工事の日は以下のように回線業者が本人の立ち合いのもと、工事をしてくれます。

当然、自分と回線業者の都合が合わないと立ち合いは難しいためすぐにできる作業ではありません。

このことも踏まえて、引越しという機会を利用して自分に合ったインターネット回線・プロバイダを見直すといいです。そのほうが、今後の費用を抑えられることになるかもしれません。

インターネット回線新規登録でキャッシュバックが貰えることも

現在使用しているインターネット回線を解約すると、多くの場合約1万~2万ほどの解約金がかかります。解約金は、インターネット回線業者を変更しなくても、例えばNTT西日本からNTT東日本に移る場合などでは解約が必要になるケースもあります。

しかし、ここでインターネット回線業者を見直して別の会社に新規登録したら、新規登録でキャッシュバックが約5万円ほどもらえる場合があります。

つまり、解約金は相殺されます。引越しをきっかけにインターネット回線業者を乗り換えるとお得なことが多いのです。

また、最近ではインターネット回線業者とプロバイダがセットになったサービスが多くなっています。先に乗り換えをするインターネット回線業者を決めて、そのインターネット回線業者とセットで受けられるプロバイダサービスを選択するとさらにお得になる可能性もあります。

プロバイダによっては、回線業者とのセットサービスでキャンペーンやキャッシュバックサービスなどを受けられることもあります。

引越しを契機にインターネット関係の見直しを考える

インターネット関係の手続きは「めんどくさい」と考えられがちです。そして、面倒だと思う気持ちからプロバイダや回線業者、レンタル機器が残っているのを理解せずいる人がいます。

その結果、インターネット関係の手続きを後回しにして引越しを進めてしまい、レンタル機器を返却できなかったり、二重に契約してしまったりするトラブルが発生してしまいます。

ここでは「そんなことは常識だから知っている」という、いまさら人には聞けないようなことから説明しました。インターネット関係の常識を理解した上でインターネットの手続きをどうすべきかを考えれば正しい選択ができるはずです。

ここで説明したことを参考にして引越し先でのインターネットの利用方法を考えましょう。


引越しのとき、必須となるのが「複数社から見積もりを取ること」です。引越し価格には定価がなく、引越し業者によって見積もり額はバラバラです。そのため複数の業者から見積もりを取るだけで、何万円も節約できます。

例えば、以下は5人家族の長距離引越しで見積もりを取ったとき、4社に見積もりを依頼しました。このとき、最高額は438,264円でした。一方、最も安い業者は198,720円であり、半額以下の料金になりました。複数業者へ依頼しないだけで、大きな損をすることになります。

ただ、自ら業者を探して電話をかけるのは大変です。そこで、必要な情報を入力するだけで完了する一括見積もりを利用しましょう。

 SUUMO引越し見積もり

一般的に引越しの一括見積もりでは登録直後、たくさんの電話がかかってきます。こうした電話が嫌でメールだけで完結したい場合、SUUMO引越し見積もりを利用しましょう。

SUUMO引越し見積もりでは「電話番号の登録が任意」なので、メールだけで見積もりの日程調節が可能です。電話が嫌な場合、リクルート社が運営するSUUMO引越し見積もりが最適です。

 

 引越し侍

引越し侍ではアート、サカイ、日通、アリさんなどの大手が登録しており、入力作業は30秒で終わります。無料で利用できるサービスなので気軽に利用できます。

さらに大手だけでなく、中小の引越し業者も登録しているので低価格な引越しが可能になります。最大15社まで見積依頼でき、できるだけ複数の業者の見積もりを取り、最安値で引越しをしたい人に適しています。

おすすめの人気記事

・引越し料金を値切り、最安値の引越しを実現する時期や価格交渉術

引越し価格を安くするためには、適切な方法が存在します。見積もりを比較するのは当然として、例えば休日ではなく平日の引越しにするだけで、1万円以上の値引きは簡単です。

また、同じ日であっても午前の引越しを午後にするだけでも値引きが可能です。こうした価格交渉術について解説しています。

引越し価格を安くする交渉術

・引越しの割引制度(早割、紹介割引、社員割引)に意味がない理由

多くの場合、引越し業者は割引制度を設けています。ただ、残念ながらこうした割引はまったく意味がありません。引越しには定価が存在しないからです。

この事実を認識すると、なぜ引越しで何社もの見積もりを取らなければいけないのか理解できるようになります。格安引越しをするためにも、知識をつけなければいけません。

引越し業者の割引は無意味

安い引越しを実現する、訪問見積もりのコツや流れ、事前準備

見積もりのとき、必ず訪問見積もりとなります。電話やメールだけの見積もりでもいいですが、ほぼ100%の確率で失敗します。追加料金が必要になり、非常に高額な引越しになるのです。

ただ、訪問見積もりではどのような流れになるのでしょうか。またどう接すればいいのでしょうか。引越し業者の営業マンが訪問に来たときの対処法について確認していきます。

引越し業者の営業マンへの対処法

見積もり比較サイトでの引越しはおすすめ!料金はいくら安いのか

実際に見積もりを依頼するとき、自ら業者を調べて電話するのは非常に手間です。そこで、ほとんどの人が一括見積サイトを利用します。

ただ、そのような見積もり比較サイトが適切なのでしょうか。利用方法に違いはあるのでしょうか。これらを明らかにしていきながら、おすすめの見積もり比較サイトを紹介していきます。

おすすめの見積もり比較サイト